人気の高いバイク

スタイリッシュなスズキジクサー

スズキジクサーとは

スズキジクサーは2014年からスズキのインド法人が生産をしているバイクです。
元々はインドを中心としてアジアや中南米向けに輸出がされていましたが2017年から日本でも日本向け仕様車が販売されるようになっています。

ジクサーというのはスズキのスーパースポーツであるGXS-Rに由来をしています。
そのためGXS-Rの弟分ともいえる存在です。

スズキジクサーの特徴

スズキジクサーは150㏄のミドルスタイルです。
兄貴分ともいえるGXS-Rのようなスーパースポーツの印象も感じられるようなスタイルでクールな印象もあります。
大排気量モデルのような幅がありながらも流麗さのあるタンク周りやマフラーエンドが斜め上を剥いているデザインにすることで、歯息を高効率で動かすとともにパワフルな印象が感じられるデザインが特徴です。

125㏄バイクに比べてパワフルですし加速性能も優れていますが250㏄に比べるとコンパクトで軽量なつくりになっています。
そのためバイクを車庫入れするために手で押しても軽いですし高速道路を走ってもしっかりと加速することが可能です。
街乗りからロングツーリングまで幅広く対応することができる走行性が人気です。

スズキジクサーのスペック

スズキジクサーの燃費性能は高効率モデルです。
燃料タンクの容量が12リットルで1リットル当たりの燃費性能が51キロメートルなので単純計算で612キロメートルも走ることができます。

コーナリングがスムーズなようにフロントフォークのインナーチューブはとても高い剛性を確保しています。
坂道を下る際にも制動力が確かでダブルディスクブレーキがとても効果的です。

スズキジクサーはどのような人に良いのか

スズキジクサーは日本仕様のネイキッドバイクです。
今は日本では250㏄が主流ですがジクサーはそれに負けない燃費性能とスタイリッシュなデザインを備えています。

日本向けの使用となっているので足回りが強化されており加速性能も高く俊敏さもあり運転がしやすいです。
そのため初心者の人が幅広い用途で使用するバイクにおすすめですし、普段の通勤から遠出まで幅広く対応できるバイクを探しているという人にも適しています。

若者だけでなくこれからは中年の人もスズキジクサーを選ぶと考えられています。
足回りが強化されたことで中高年でも運転しやすいことが理由です。
バイク重量も他社の同程度のバイクに比べて軽量になっています。

価格もスペックの高さやデザイン性の高さから考えるとコストパフォーマンスがとても高いです。
幅広い用途に使うことができ乗りやすいバイクであるため、スズキジクサーは多くの年代の男女にとって乗りやすいバイクとなること間違いなしの一台になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です