人気の高いバイク

Vツインスポーツの楽しさを味わえるスズキSV650

スズキの人気車種、スズキSV650

スズキのミドルツインスポーツであるスズキSV650は1999年のデビュー以来長く人気を集めています。
今は4代目となっており今回の4代目は原点回帰をコンセプトとしているモデルです。
ストレスなく使えてなおかつ思い切り遊べるバイクとなっています。

スズキSV650は初代からスリムで扱いやすいことが魅力です。
それでいて遊べるバイクであり走りも楽しむことができます。

新型のスズキSV650は足つきも悪くなくサイドカバーがスリムになってなおかつ現行モデルよりも軽量化しているのでより一層足つきが良くなっています。
そのためしっかりと安定感を感じることができ初心者でも乗れる安心感です。

低速での取り回しもしやすいです。
ゆっくりと発進する時には新開発のアシストを入れることによって回転の落ち込みが緩和されてエンストの心配もありませ。

アシストがあることでターンもしやすいです。
エンストの不安が今まではあったような場面でも自動的にスロットルを開いているような状態になってくれるのでストレスなく進むことができます。
自然な動きはストレスがないどころかクラッチを握っても変化に感じないくらいスムーズでわずかな調整が可能です。

スペックや走行性

スズキSV650は水冷4サイクルの2気筒エンジンを搭載しています。
そのため低回転域からも吹き上がるのが特徴です。
最高出力も高く高回転域であっても広範囲にトルクに覆われています。

エンジンはきびきび感が抑えられているのでツーリングだけでなく街乗りにも快適です。
タイヤのサイズも自然な不可コントロールで乗れるサイズ感になっています。

燃費がとても良いのもスズキSV650の特徴です。
リッター当たり27㎞近く走るのでコストパフォーマンスが高くガソリン消費の心配もありません。
購入後のランニングコストも良いバイクだと言えます。

装備も良く価格帯も文句なしのバイク

足つき性が良くなったことで初心者や女性でも乗りやすくなりスズキSV650はさらに人気です。
低燃費でコストパフォーマンスがとても良いですし、装備から考えると価格帯も十分適性範囲と言えます。
全体的にスリムで扱いやすいのも人気です。

バイクは走行性も高く街乗りからツーリングまで幅広い走りに対応できます。
そのため1台のバイクで幅広い走りが可能です。
普段の通勤にも使えますしツーリングにも対応できますから幅広くそして長く愛用することができます。

とても人気がありスズキSV650は旧型もいまだに中古市場で人気があります。
これからスズキSV650を購入したいと考えている人は新車で購入しても買取査定に出す際には他のバイクよりも高額での買取も期待できると考えられています。
そのためこれからの購入は中古ではなく新車での購入がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です