カスタムしたバイクを高く売る方法

まずはカスタムバイクを高く買い取ってくれるお店を探す

中古バイクの買取では、買取店の選択が査定額に大きな影響を与えますが、カスタムバイクの場合は特にそう言えます。
というのも、純正の状態のバイクであればどこの販売店でもある程度同じような相場に基づいて査定を出してきますが、カスタムバイクの場合はかなり買取店によって対応が異なるからです。
カスタムにあまり理解のない販売店の場合は、オリジナルのものよりも売りにくいとして価格を下げてきますが、逆にカスタムのことを理解しているところであれば、カスタムバイクが好きな顧客も持っていますので、逆に高く買い取ってくれることも多いからです。

そのためにも、もしカスタムバイクを多く取り扱っているお店を知っているのであれば、そこに持っていって査定をしてもらうようにしましょう。
大手の買取専門店の方が信頼があると思うかもしれませんが、こうしたお店の方がカスタムバイクについては良い値を付けてくれる可能性が高いのです。

また、できるだけたくさんの買取店で見積もりを出してもらうというのも大事なことです。
絶対に一つの買取店だけで決定してしまうのではなく、複数の買取店に行って査定してもらうことで、より高い価格が分かります。
さらに、ある程度の相場を知ることもできますし、他の店で出してもらった価格を材料に価格交渉をすることもできるようになります。

査定に持っていく前にしておくこと

査定では経験のあるプロがチェックをしますので、良い印象を与えられるように、事前にしっかりと洗車しておくようにしましょう。
表面はもちろんのこと、パーツの細かいところもきれいにしておき、バイクを大事にしているという印象を持ってもらうことが大事です。

そして、必要な書類を準備し、査定の際に持っていくようにしましょう。
車検証や納税証明書、自賠責保険の証書などがそれに当たります。
実際の売買契約ではこうした書類が必要となりますし、必ず書類のチェックもありますので、すぐに見せられるように手元に置いておくと作業がスムーズに進んで、鑑定士の印象も良くなります。

積極的にアピールして交渉する

査定をしている時には、積極的にアピールすることも大事です。
どのくらいの頻度でどのようにメンテナンスをしてきたか、カスタムしたパーツの特徴やその良さなどを話すようにしましょう。
こうすることで、バイクを大事にしてきたということを示すことができて、鑑定士もその熱意に動かされて良い値を付けてくれることがあります。

また、嘘を言うことがないようにして、ちょっと不利に思えるようなことであっても、鑑定士から聞かれたことには正直に答えることが大事です。
嘘をついても相手もプロですからすぐにバレてしまい、悪い印象を与えてしまいます。