ネットオークションで売る

決済
現在ではインターネットがほぼ普及したため、日常的に多くの方がインターネットオークションを利用しています。
インターネットオークションでバイクの売買を行うのはメリットも多いですが、デメリットもありますから、双方をしっかりと理解したうえで開始する必要があります。
ここでは、ネットオークションでバイクを売買するということについて記述したいと思います。

オークションのメリット

インターネットオークションでバイクの売買をするメリットですが、まず売る側のメリットとして、時に中古車市場相場よりも高く売れることがある、ということが挙げられます。
どうしても中古バイク買取店などに持っていくと、相場を基に買取価格が決定しますが、ネットオークションの参加者の中には、どうしてもそのバイクがほしい、という方もいます。

そうした方を見つけ、直接取引することができるというのは大きなメリットと言えるでしょう。
また、買う側のメリットとしては、相場よりも遥かに安い価格で出品されているようなバイクを見つけることもできる、ということが挙げられます。

インターネットオークションの世界には、中古相場など殆ど調べぬままにバイクを出品している方もいますから、そうした場合だとお値打ちな価格でバイクを手に入れることも可能となります。
また、中には高価なオプション品をそのまま取り付けていたり、高度なオリジナルカスタムを施している車輛もありますから、そうしたバイクを手に入れることができる、というメリットもあります。

オークションのデメリット

インターネットオークションでバイクを売る際のデメリットですが、一つには相手の顔が見えない、ということが挙げられます。
インターネットという世界を通じてのやり取りなので、実際自分がどんな相手とやり取りしているのか知ることはできません。

現在ではセキュリティも強化されたため少なくなりましたが、過去にはオークション詐欺が横行した時代もありました。
また、最初から冷やかし目的で入札したり、落札したにも関わらず全く連絡がない、勝手にキャンセルするといった行動をとる落札者もいます。

また、オークションは出品する際に手数料が必要となります。
一度の出品でバイクが落札されればよいのですが、時には時間がかかってしまうこともあります。
そうした場合、幾度も出品を繰り返さなければならないので、出品手数料も嵩んでしまいます。

また、悪質なクレーマーのような落札者だった場合、バイクを陸送したのちに色々と不具合を訴えてきたり、補償を求めるといった行動に出る人もいます。
こうした危険性があることは覚えておいた方が良いでしょう。
ネットオークションを利用する際には慎重に行いましょう。