バイク買取の相場を知る方法

バイク

まずは無料査定

バイク買取の相場を知るには、やはり無料査定での比較が一番です。
中古バイクの相場を知るために、同じバイクの中古車販売額をチェックする方がいますが、年式や状態が異なると差が出てしまうものです。

また、あくまでも売値であって、買値ではないため、業者により利益の上乗せ幅も違ってきます。
そのため、売値はあくまでも参考値にすぎず、買取価格とは異なります。
そこで利用したいのが、バイク買取ショップや一括見積サイトで行っている査定です。
査定も1ヶ所だけでなく、複数の査定を得て比較することが大切になります。

業者の運営コストで査定額が異なるほか、地域によっても人気のバイクが異なり差が生じることがあります。
また、業者ごとに買取強化車種も異なるため、自分のバイクを高く評価してくれるところを探す必要があるためです。

買取業者がどのように価格を決めるかというと、一般的には中古バイクのオークション相場や業者間取引相場のほか、他店も含めた中古バイクの流通相場などを参考にしています。
大型の買取業者においては、独自の買取価格のデータシステムを構築し、常に最新の相場を更新して顧客に最も有利な買取相場を提供できるよう運営しているところもあります。

売却時期を見極める

一方、売却時期によって買取相場が変動するので注意しましょう。
これも車種によって異なるものの、最大で25%程度の変動幅があるといわれています。
査定相場が最も上昇するのは、春から夏にかけての時期です。
これに対して秋から冬にかけては下落傾向にあります。

これはどうしてかというと、バイクの走行は冷たい風や雪の降る時期はあまり向いていないのですが、気候のいい春から夏に向けての時期がバイクが欲しくなる時期だからです。
中古バイクへの需要が増えるため、査定相場も上昇するというわけです。

ただし、気を付けたいのは取引台数の増大とともに、車種によっては供給過剰になる場合もあります。
そのため、春から夏にかけて、値崩れを起こすバイクもありますので、流通量が多い車種の場合は気を付けましょう。

こうした売却時期による相場変動もあることから、スピーディーかつタイムリーな査定を行ってくれる業者で査定をしてもらい、タイミングを見て売却するのが高値で売るポイントとなるかもしれません。

業者の相場観の違いに注意

また、業者による相場観の違いも見逃せません。
オークションに出品する買取専門店と、オークションから購入して販売も手掛けるバイク販売店では相場観が違ってきます。

やはり、買取専門店のほうがより有利な価格で買取が期待できるでしょう。