乗っていないバイクを売る前注意すること

バイク処分

乗らなくなったバイクの処分方法

乗らなくなったバイクが自宅で眠っている、そんな時どうやってバイクを処分するのかを考えなくてはいけません。
処分方法としては、廃車以外なら下取りと買取りのいずれかになります。

下取りは、ディーラーやバイク中古業者でバイクを新規購入することを条件に乗らなくなったバイクを買い取ってもらう方法です。

売却金額は購入するバイクの価格から値引きという形で還元されます。
買取りは、バイク中古買取業者に買い取ってもらう方法です。
バイクを購入する必要はなく買取りのみですので、売却金額は現金化できます。

どちらがいいとは一概には言えないので、それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

下取りのメリット・デメリット

下取りは、面倒な手間なくバイクの購入と手放しが同時にできます。

しかし売却金額は現金化できないので、バイクを売却したお金で他の何かを購入することはできません。
また、バイクの購入を検討している業者のみでの下取りとなり、いくらで買い取ってもらえたのか明確ではないことがあります。

買取りのメリット・デメリット

対する買取りは、売却金額を現金化できるので、好きな用途にお金を使うことができます。
また、買取りしてもらう業者を選ぶことができるので、査定をしてもらって一番高値をつけてもらった業者に売却することができるのです。

そのため売却金額を明確にすることができ、高価買取も期待できるでしょう。
その反面では、新規でバイクを購入したい方は別途で購入を勧めていかなくてはいけない手間があります。
こうして見ると、バイクの新規購入を考えて手間なく売却したいなら下取り、売却のみもしくは高値で売却したいなら買取りということになるでしょう。

買取りしてもらう場合の注意

多くの方は、高値で売却をすることを考えて買取りを選んでいるようです。
ただ、買取りしてもらう場合は事前に注意したいことがあります。

高値で売るためには一括査定サイトを活用する方が多いのですが、ここで出してもらった査定額は概算なので、必ずしもその金額での買取りになるわけではありません。
実際の買取り金額は目視査定が必要です。

また、買取りの際に多いトラブルが瑕疵責任です。
これは買取り後にバイクに瑕疵(損害)があった場合、売り手が損害を補償しなくてはいけないというものになります。

これによって買取り契約後に買取り価格の減額をされる可能性があり、瑕疵を逃れるため買取キャンセルをしたいと言っても今度はキャンセル料がかかってきてしまいます。
事前に確認してトラブルを回避しましょう。