YZF-R25

YZF-R25はどんな車種?

YZF-R25は、ヤマハ発動機より販売されている、250ccのオートバイです。
エンジンにはG401E型が搭載されており、水冷並列2気筒DOHCも付いています。
車種の重さは約170kgです。

こちらのモデルはもともとインドネシアにて製造販売されています。
毎日乗れるバイクをコンセプトに作られているということもあり、シンプルでありながらもデザイン性の高いバイクとなっており、ライダーたちに人気となっています。

アップライト式になっているために足着き性が比較的良く、車体そのものも軽めとなっているのが特長です。
軽くて動きやすいバイクのため、コーナリングもしやすいのが魅力。
しっかりと曲がってくれるので、爽快に走ることができます。
普段用として気軽に乗れるような仕様になっているバイクではあるものの、休みの日に遠くまで出かける際にも乗れるなど、幅広い環境で利用できる車種です。

2013年に行われた東京モーターショーで初めて発表されたこちらのYZF-R25は、2014年にインドネシアにて製造され、東南アジアを中心に販売が開始されました。

YZF-R25のデザインの美しさ

YZF-R25は、デザインが美しいのも特長です。
全体的に細めのデザインとなっており、非常にシャープで美しいフォルムとなっています。
ヤマハ独特のデザイン性が出ており、一目見ればヤマハのバイクとわかるのが、ファンの人にとってはやはり嬉しいところではないでしょうか。
テールランプにはLEDが使用されており、夜の走行時には周りを明るく照らしてくれます。

フロントウォークは正立のタイプ。
スイングアームは左右非対称となっており、スポーツバイク並みの大きさとなっています。
マフラーは3段階の膨張式ショートタイプとなっています。

力強く、かつ繊細なデザインは、男性にとって憧れとも言えるでしょう。
乗るだけでなく、見ているだけでも魅力が伝わってくる、それがYZF-R25の大きな魅力と言えるのかもしれません。

車体の色は、クールなマットな質感の黒をはじめとして、青や赤などカラーバリエーションもいくつか揃っています。
どれもそれぞれの良さがありますので、自分の好みに合わせて好きなカラーを選択すると良いでしょう。

YZF-R25と同シリーズのバイクも販売されている

YZF-R25は、別のシリーズも出ています。
同シリーズとして出ているYZF-R3は、R25をモデルとして製造されました。
こちらのバイクは、排気量320ccとなっています。

YZF-R3はもともとは海外で製造されていましたが、それから数年の時を経て、日本でも発売が開始されました。
日本の仕様として発売されたのは、2014年12月のことです。
YZF-R25もYZF-R3も同じように多くの方から人気を集めており、日本仕様として発売されるようになった現在では多くの方に利用されています。