RC213V-S

RC213V-Sがホンダからリリース

これまで数々のバイクをリリースし、バイクファンから愛され続けてきたホンダから、RC213V-Sがリリースされるということで話題を呼びました。
RC213V-Sがなぜ話題になったかというと、性能や仕様はさることながら、そのセンセーショナルな価格が理由になっています。
このバイクの価格は、なんと2,190万円です。

ちょっとびっくりしてしまうような価格ですが、このRC213V-Sとはどんなバイクなのでしょうか。
こちらでは、バイクに関するリーディングカンパニーであるホンダのこだわりが結集したRC213V-Sについてご紹介していきます。

RC213V-Sの仕様

RC213V-Sは、2,190万円という価格ではありますが、ラグジュアリーさを追求したバイクというよりは、スポーツ性に特化したバイクとなっています。
しかも、MotoGpで使用されているRC213Vのレプリカとしてリリースされた本格派レースバイクなのです。
その作りは、往年のバイクファンが息を飲むほどのものであり、同社の技術力の高さがうかがえるものとなっています。

しかも、RC213V-SはRC213Vただのレプリカではありません。
車体の作りは、2014年にマルク・マルケスが使用したものをほぼ完全に再現しています。
もちろん、レプリカ元となったバイクは2,000万円ではまったくきかない値段ですから、それを考えるとRC213V-Sの値段はむしろ安いくらいといえるかもしれません。

欧州仕様においては、その仕様もレプリカ元のRC213Vともそう差がないくらいにまでのスペックを備えており、まさにバイクファンにとっては憧れの車体といえるでしょう。
多くのバイクファンが注目し、羨望のまなざしを向けているのがこのRC213V-Sなのです。

RC213V-Sリリースの意味

RC213V-Sはホンダのとあるプロジェクトから生まれました。
そのプロジェクトとは、「MotoGPのバイクをストリートバイクに持ち込む」というものです。

ホンダは今まで、数々のバイクをMotoGPに出してきました。
これには、広報活動的な意味合いもありますが、実験としての側面もあったのです。
高いスペックを持つレースバイクを生産し、それを市販車へと還元するということを、ホンダはずっと目標にしてきたのです。

RC213V-Sがリリースされてことは、バイクファンだけではなく、ホンダにとっても大きな意味があることだといえるでしょう。
こうした取り組みを絶えず続けてきたからこそ、ホンダは世界的なバイクメーカーたり得たのです。
これからもホンダは企業努力、チャレンジ、研鑽を重ね、素晴らしいバイクを生産し続けていくことでしょう。