BOULEVARD M109R

海外モデルに引けをとらない排気量

BOULEVARD M109Rは、排気量1,783ccのVツインエンジンに240mmのリアタイヤが特徴のバイクです。
車格やパワーなど国産のバイクにはない特性をもっているバイクであり、スズキで開発されました。
いわゆる逆輸入車であり、アメリカのドラッグレーサーを意識したモデルです。

パワーが魅力

実際のスペックを見てみると1,783ccのV型2気筒DOHCという一般的なクルーザータイプに搭載されているものに比べ、高い排気量のものが搭載されています。
また、ホイールベースも長くシート高も低いため、王道のアメリカンクルーザーを意識したスタイリングが特徴です。
アメリカンクルーザーは、その特徴からコーナーリングは難しいとされています。
BOULEVARD M109Rも同様にその傾向があるのですが、リアタイヤが240mmと太いためさらにコーナーリングには苦労するかもしれません。

しかし、ドラッグレーサーを意識しているだけあって直線走行では圧巻の動力性能を発揮します
一般参加が可能なドラッグレースに、ノーマルのまま持ち込んでも十分に勝負ができるスペックをBOULEVARD M109Rは持っています。

ライバルとなるのは、海外モデルの大型アメリカンクルーザーとなるのですが、スペックだけを比較しても同等以上です。
特に排気量と300kgを超える車重は、国産車にはないスケール感を生みだしています。

乗り心地

大柄なボディを持つだけあり、最初に跨るときには驚くかもしれません。
海外で開発されてだけあり、ライダーも日本人を想定していないため、人によってはライディングポジションが取りづらいことも考えられます。

しかし、それを補って余りある魅力がBOULEVARD M109Rにはあります。
低加速域でのパワフルな走りと、エンジンを回した時の加速は国産車にはないものがあるのです。
クルーザーモデル特有の低重心という特徴に慣れてしまえば、優れた直進安定性を実感できます。

また、市街地では、2速で十分に流れに合わせて走ることが可能です。
コーナリングはやはり、不得意分野であるもののコーナーのラインに気をつけて走れば問題ありません。
しかし、スピードが出るバイクであるため、コーナーがキツい場所ではスピードを落としたほうがよいでしょう。

高速道路ではこのバイクがもつポテンシャルを十分に発揮することができます。
市街地では味わえない加速を体感することができるでしょう。

フルカウルのスーパースポーツとはまた違う楽しみ方ができるBOULEVARD M109R。
峠を楽しみたいというかたには向いていないかもしれませんが、ドラッグレーサーなどに憧れている人にはうってつけのバイクです。
海外の大型クルーザーにもない魅力が詰まったバイクといえます。