バイクを売るのにおすすめの季節

バイクを売るなら春夏がオススメ!

買い替えや生活の変化などで乗らなくなったバイクを売る場合、少しでも高い値段で買ってもらいたいですね。
中古バイク市場でのバイクの値段は、需要と供給のバランスで決まります。
人気の高いモデルや年式が新しいものは時期にかかわらず高値で売れます。
逆に人気が低い、年式が古いなどの場合、高値で売るためにはさまざまな工夫が必要となります。

そのなかでも気になるのが、どの時期に販売するのが最適なのかということではないでしょうか。

バイクを売るなら春夏が、特に4月と7月がおすすめです。4月は生活環境が大きく変わる時期です。
入学や就職、転勤などで通学や通勤スクーターやバイクの購入を検討する人が増えます。

また、4月の終わりからゴールデンウィークの長い休みが始まります。
季節の良い時期の休暇なので、仲間とツーリングに出かける人も増え、ゴールデンウィークのツーリングのためにバイクを購入する人が増加します。
このように4月はバイクの需要が高まるので、高値が付きやすく売るタイミングとしてはおすすめなのです。

7月もバイクの需要が高まるシーズンです。
というのは、学生の夏休みがあるからです。
社会人でもお盆休みで1週間以上の休暇を取る人が増えます。
この夏休みを利用してツーリングに出かける人が大勢います。

この時期に人気なのは長野などの高原や、北海道です。
涼しい場所でロングツーリングを楽しむ人が多く、この時期もバイクが売れやすくなります。

6月は梅雨のシーズンで、雨が降る上に蒸し暑く、ツーリングには不向きなシーズンですが、7月になって梅雨があけると晴天が続き、風を切ってバイクを走らせる爽快感をたっぷりと楽しめるようになります。

このような理由で4月と7月がバイクを売るベストタイミングなのですが、このほかにも12月もバイクを売る穴場的な時期としておすすめです。
12月は本格的な冬を迎え、バイクの需要が低くなるので本来ならバイクを売るには適していないシーズンといえます。
しかし、冬季の販売の冷え込み前に、各バイクショップが販売キャンペーンやイベントを積極的に実施して売上アップのためにのさまざまな取り組みを行います。

さらにお正月や冬休みを利用しての旅行や帰省でバイクを利用する人もいます。
これらの需要を見込むと、思ったよりもバイクが売れやすいシーズンと言えるのです。

納税のタイミングも考慮して

バイクを売る時にのタイミングで、気を付けたいのが軽自動車税の納付です。
バイクにかかる軽自動車税は、4月1日時点の所有者に請求されます。

ですから3月31日までにバイクの名義を変更していれば、その年の税金は支払う必要はありません。
しかし、4月1日以降も所有していると、たとえ4月5日にバイクを売ったとしても、税金を支払わなければいけません。
十分に注意しましょう。