事故車や故障車を売る場合

事故車、不動車、故障車の定義とは

バイクの買取では、バイクの状態に応じてクラス分けをしています。
たとえば、事故車というのは、自損事故やもらい事故などによってどこかのパーツが破損していたり、フレームが曲がっていたりするものを指します。
カウルの破損や傷程度であれば査定額への影響はさほどではありませんが、フレームへの大きな傷やゆがみはかなり減額されることがあります。

不動車というのは、バイクを動かさずに放置していたため動かなくなってしまっているという状態のものです。
特に目立った故障や破損箇所がないことが多いため、それなり高い価格が付くことが多いという傾向があります。

もう一つの故障車というのは、何らかのパーツが故障している状況で、動かすのが困難なものを指します。
多くの場合エンジンやスターター、足回りなどの不具合があって、エンジンがかからなかったり、かかったとしても動かすことができないという状態です。

状態によっては査定額が高くなることもある

それぞれのバイクの状態によってかなり査定額は変わってきますが、特に不動車の場合は査定額が高くなる傾向があります。
というのも、どこかが故障しているというよりも、単にバッテリーが上がっているだけなど、単純な理由で動かない可能性が高いからです。
また、動かなくなってからそれほど時間が経っていないものは、原因究明が楽ですし修理もしやすいので、比較的高い査定額がつきます。

故障車の場合は、どこが故障しているかはっきりとしていると、鑑定士も査定がはっきりしやすいので価格を上げる傾向が高くなります。
そのため、動かなくなった理由が分かっているのであれば、そのパーツについての説明をすると共に、いつ頃故障したのか、もし何らかの対処をしたのであれば何をしたのかを話すと良いでしょう。

交渉次第で高くなることも多い

こうしたバイクは完全に動く状態のものと比べて査定額が低くなってしまうのは当然のことですが、交渉次第で最初の査定額からアップすることはできます。
たとえば、不動車などの場合は、バイクを保管していたのが屋内であれば、より状態が良いままで保たれていることになりますので、そのことを説明するようにしましょう。
また、何らかのパーツをカスタムして着けているのであれば、そのパーツ取りということでも高い価値がありますので、きちんと説明するのは大事です。

さらに、バイクに対する思いを伝えることも鑑定士にプラスに働きます。
大事にしてきたものの、動かなくなったので泣く泣く売ることにしたという気持ちを伝えると、鑑定士も人間ですので、多少の査定額プラスをしてくれることが多いものです。
上手に交渉すれば査定額をアップしてくれるものですので、粘り強く話してみるようにしましょう。