ネットオークションの注意点

インターネット
ネットオークションを利用してバイクを売りたい、もしくは売ったことがある、という方も中にはいるかと思いますが、ネットオークションを利用する際にはいくつか注意点もあります。
ネットオークションなら高く売れる、とメリット部分だけを重視して、注意点を無視しているとトラブルに巻き込まれてしまうこともあるかもしれないので注意しましょう。
ここでは、ネットオークションを利用してバイクを売る際の注意点について記述したいと思います。

お金が振り込まれない

インターネットオークションでバイクを売る際に、最も多いトラブルとしてお金が振り込まれない、ということがあります。

つまり、落札されたにも関わらず、お金を振り込んで貰えないということです。
また、場合によっては先に現物を見たい、現物を確認してから現金を振り込む、というようなことを平気で言ってくる落札者もいますが、決して相手にしてはいけません。

ネットオークションで詐欺に引っかかるケースの多くは、こうして先に商品を相手に発送してしまったことから起きています。
そのため、先に現物を送ってほしいと言われた場合はきっぱりと断り、それで文句を言ってくるようなら落札者から削除しましょう。

その上でネットオークションの運営局に連絡を入れるなどの対処法をとると良いでしょう。
また、落札者とやり取りする際には相手の評価も気にしてみましょう。
良い評価が多い方はそれなりに安心できますが、悪い評価が多かったりした場合、過去に取引でトラブルを多く抱えたことが分かります。

先に現物を送ってほしいという要求はきっぱり断り、新たな良い落札者を探しましょう。

予想よりも高く売れない

ネットオークションなら高く売れる、という言葉を聞いてすぐにでもネットオークションを始めた方もいるのではないでしょうか。
確かに、バイクを売る際にもネットオークションを利用すれば高く売れる可能性は高いですし、逆に欲しいものを安く手に入れるということも可能です。

しかし、ネットオークションを使えば必ず高く売れる、というわけではありません。
ネットオークションというのは一種の生き物ですから、常に購買層は変化していきます。
タイミングが合えばこちらの希望通りの金額、もしくはそれ以上の価格となって売却することも可能ですが、逆に全く値が吊り上らなかったり、出品時の価格のまま落札されるというケースもあります。

落札価格が安いからと落札者を削除してしまうと悪い評価を付けられてしまいますから、今後オークションの利用が難しくなってしまいます。
そのため、絶対にこれ以下の価格では手放したくない、という価格を設定しておき、最低落札価格、もしくは出品時の価格に設定しておきましょう。

こうすることで、なるべく痛手を負わずにバイクを手放すことができます。