バイク用品を売る

ヘルメット
バイクを売却したことがある、という方は多いと思いますが、ヘルメットを売ったことがある、という方は少ないのではないでしょうか。
バイクを売却して、新しいバイクを買った際にも、ヘルメットだけは継続して使うという方が多いですから、あまりヘルメットを売ったことがない人がいても不思議ではありません。
ここでは、ヘルメットを売却するということに関して記述してみたいと思います。

ヘルメットを売却する方法

バイクのヘルメットを売却するにもいくつかの方法が考えられます。
一つには、身近なライダー仲間や友人、知人に売るという方法です。
これが最も面倒くさくないですし、金額に折り合いさえつけばすぐにでも売却することが可能となるので最も早い方法かもしれません。

バイク用品を専門的に買取る業者に売却するというのも一つの手です。
しっかりと価値を見定めて貰った上で売却したい、というのであればこうしたバイク用品買取専門店を利用することが最も良い方法ではないでしょうか。

インターネットオークションで売却するという方法もあります。
現在では誰もが簡単にネットオークションを利用する時代ですから、バイクのヘルメットをインターネットオークションで売却するというのも良い手法です。

しかし、オークションは始めるにあたり手続きも必要となりますし、すぐに出品というわけにもいきません。
また、時々出品者と落札者でトラブルとなることもありますから、オークションを利用したことがない方ならあまりお勧めしません。

最も適切なのはやはりバイク用品買取店ではないでしょうか。
価値もしっかり見定めてくれますし、折り合いがつけばすぐにでも現金で支払って貰うことができます。

少しでも高く売る方法

ヘルメットをバイク用品買取店に持ち込み、少しでも高く売るにはいくつかテクニックもあります。
一つには、しっかりと汚れを落とす、ということが挙げられます。
自分が中古のヘルメットを購入するときのことを考えると分かると思いますが、やはり汚いヘルメットよりも綺麗なヘルメットの方が良いですよね。

そのため、バイク用品買取店にヘルメットを持ち込む際には、しっかりと汚れをクリーニングしてから持ち込むようにしましょう。
また、時々ヘルメットにステッカーを貼っているような方もいますが、これはマイナス査定にしかならないので綺麗に剥がしてから持ち込んだ方が良いでしょう。

ヘルメット、特にフルフェイスなどは、顔と頭をすっぽりと覆ってしまうため、頭皮や汗の臭いが染みついていることがあります。
これもマイナス査定の元なので、事前に洗っておくか、消臭スプレーなどで臭いを消しておくと良いでしょう。

ほんの少し手間をかけるだけで査定額が大きく変わってくることもありますから、是非試してみてください。