VMAX

ヤマハ・VMAXは強い存在感を放つフラッグシップ

VMAXは、ヤマハ発動機からリリースされている大型バイクです。
1985年に発売されたVMAX1200をフルモデルチェンジしたのが現行のVMAXであり、国内外問わず根強い人気を誇っているモデルとなっています。

VMAXは、どっしりとした重厚感が特徴のバイクであり、オートバイの醍醐味を体現していることから多くのファンを魅了しています。
ここでは、長きにわたって愛され続けているVMAXについてご紹介します。

VMAXってどんなバイクなの?

VMAXの特徴としては、まずなんといっても大型バイクらしい重みと厚みです。
重量は311kgであり、ずしっとした無骨さを感じることができます。
シートも高めで、乗車した時の目線がかなり高く感じます。

また、特筆すべきはアクセルを回したとこの加速感です。
初代のVMAXについていた「V-ブーストシステム」という加速装置は搭載されていませんが、新たに「YCC-I」というシステム導入しています。
こちらのシステムによる爽快な加速感は、他のバイクでは味わうことができません。

この加速があることから、VMAXを乗りこなすにはアクセルワークに配慮する必要があります。
こういった点も、バイクファンたちを魅了する一要素となっているのでしょう。

また、VMAXは、初代であるVMAX1200の排気量が1200ccであるのに対し、1700ccと排気量を増やしています。
圧倒的なパワフルさを持った走行が可能となっており、まさにバイクファンのためのバイクといった力強さがあります。

そういった男らしさ満点のVMAXは、やはり長距離でのツーリングでこそ持ち味を発揮します。
止まったり、走りだしたりといった作業が多い街中でのツーリングは、VMAXの良さが出にくいため、高速道路を利用するような長距離でのツーリングでめいいっぱい楽しみたいバイクだといえるでしょう。

初代VMAXについて

2代目のVMAXについてご紹介してきましたが、ここからは初代のVMAXについてのお話です。

VMAX1200はアメリカンタイプとネイキッドタイプのどちらにも属さない独自のスタイルを持ったバイクとして登場しました。
その特徴は見た目だけでなく、前述のV-ブーストシステムを導入していることから、ダイナミックな走り心地を実現し、多くのファンを惹きつけました。

この力強い加速は、現行のVMAXにも劣らないものを持っており、6500回転以降のパワーは、当時の量産バイクでは最高クラスの馬力を感じさせるものでした。
こういったバイク自体の魅力をしっかりと引き継ぎつつも、よりブラッシュアップされたバイクが2代目のVMAXなのです。
初代、2代目ともに、多くのファンがついているシリーズとなっています。