スクランブラーSixty2

普通2輪免許で乗れる魅力的なスクランブラーSixty2

このスクランブラーSixty2というバイクが、この名前になったのは、初代スクランブラー発売を開始した1962年という年が由来しています。
この時代、スケボー、サーフィン、それに音楽はポップと独特な若者文化が生まれたといわれている年代で、スクランブラーSixty2にはこの時代の象徴的な部分が見られます。

アメリカで誕生したサブカルチャー、ポップミュージック、サーフィン、スケボーなどが影響し、スクランブラーSixty2は非常にポップで魅力的なデザインとなっています。

オフロード専用のモデルがまだなかった時代、オンロードバイクをベースにして、アップマフラー、ブロックタイヤなど特徴的な装備を施し、荒地を疾走できるように作られたのが、スクランブラーです。

初代のスクランブラーも現代と同じように、若い人が気軽に乗ることができるようにと、小排気量モデルとなっていましたが、今回のスクランブラーSixty2も排気量こそ400ですが、気軽に乗れるバイクという印象が強い若者向けのバイクというイメージがあります。

排気量にあわせて足回りを作っている

ドゥカティといえばそのスタイル、高品質な性能などが有名ですが、このクオリティを傷つけることなく、消費者が乗りたいと思うバイク、またこれなら購入できるというバイクを作ってくれています。
この手ごろな価格、高品質なバイクを実現している代表格がスクランブラーSixty2です。

スクランブラーアイコンがベースとなった空冷2バルブLツイン、しかしボアとストロークは縮小され399ccに設定されています。
φ50mm径スロットボディ、2インジェクター搭載と、800ccシリーズ同様の仕様となっています。

このシステムによって高出力は40hp/8,750rpmと高さを誇っています。
高速安定走行を高めるため、800ccシリーズy利も15mm長いという1460mmのホイルベースを採用、ホイルベースは800ccと比較するとより長くデザインされているのです。

燃料タンクもティアドロップ型と同じ素材が利用され、新しいデザインに一新していることで、ドゥカティならでは個性は健在です。
スクランブラーSixty2は独自モデルとして、非常に魅力的でこだわりあるバイクとなっているのです。

専用設計は足回りにも活かされている

フロントフォークは正立タイプに変更、リアサスにプリロード調整式のモノショックが採用されています。

このバイクがストリートからオフロードまで様々な走行性を持っているということの要因に、150mmのホイルトラベルという豊富なストローク性能、また専用ブロックタイヤを装備しているという点が上げられます。

タイヤはリア側が160サイズとなっていることから、警戒にハンドリングできるという魅力があり、排気量に合わせて最適化されているブレーキも安全性共に高い評価があるバイクです。