Ninja 250SL

Ninja 250の兄弟車種

Ninja 250SLは250ccモデルのなかでも人気が高いNinja 250の兄弟車種です。
Ninja 250は250ccモデルブームを引き起こしたバイクであり、多くの人に愛されています。
日本ではこの排気量であれば車検がいらないため、維持費の面でも乗り手にやさしいのが特徴です。

Ninja 250はいわゆるスーパースポーツというタイプに分類されるバイク。本格的なスポーツモデルであり、低排気量ながら高い動力性能を実現しています。
水冷DOHC4バルブの並列2気筒エンジンであるため、エンジン高回転時の振動を抑えていることも特徴です。

また、カワサキ独自の技術としてバランサーとラバーマウントを導入することでさらに振動を抑えることを実現しています。
ブレーキやフレームにもこだわり、高い制動力やコントロール性を実現しているバイクです。
デザインもスタイリッシュであり、若者からリターンライダーまで幅広い年齢層を魅了しています。

Ninja 250SLの特徴

Ninja 250SLはNinja250と外見はほとんど一緒なのですが、エンジンが単気筒という特徴があります。
また、名称のSLはスーパーライトを表しており、Ninja 250よりも車重が軽いことも特徴です。

また最高出力は28psとNinja 250の31psよりは劣るのですが、車体が20kg以上軽いためパワー不足は感じません。
実際にNinja 250SLの車重は149kgと、このクラスの中では群を抜く軽さとなっています。
跨った際や押し歩きをすると分かるが、Ninja 250とは別物のバイクです。
この軽さが、Ninja 250とは違った乗り心地につながっています。

乗り心地

Ninja 250SLは単気筒ならではの鼓動感が特徴です。
単気筒というと振動が多いというイメージを持っている方も多いと思いますが、不快な振動はなく心地よい鼓動感を生みだしています。

また、圧倒的な軽量性から取り回しも楽にでき、車体自体もスリムでハンドル切れ角も大きいため小回りもしやすいです。
エンジンのパワーも日常使う分には十分であり、回転数を引っ張った際の吹き上がりは気持ち良いものがあります。

Ninja 250と比べても正確に小さく曲がることができ、パワー自体は劣るが細かくシフトアップしていくことで、立ち上がりの加速も負けません。

魅力的な価格設定

こうした特徴があるNinja 250SLですが、Ninja 250よりもリーズナブルというのも大きな魅力の1つです。
Ninja 250が55万円程度なのに対して、Ninja 250SLは45万円程度と焼く10万程違います。
初めてバイクを買う方であれば、バイク以外にもヘルメットやグローブなども揃える必要があります。
10万円あれば揃えることが可能なので、この価格差はとてもメリットです。

長時間の高速走行であれば、Ninja250の方が楽かもしれません。
しかし。街乗りなどがメインであればNinja250SLでも十分に楽しめます。
スポーツとしての魅力も高いNinja250SLで快適なバイクライフを送ってみてはいかがでしょうか。