GSX-S1000F ABS

ネイキッドモデルのGSX-S1000F ABS

GSX-S1000F ABSはスーパースポーツの技術をストリートバイクに還元した乗り味が特徴のリッターバイクです。
GSX-S1000はGSX-Rのネイキッド版です。
GSX-Rはスズキが製造しているバイクのシリーズであり、4ストロークの4気筒エンジンが特徴のモデルです。
このモデルが高い動力性能が特徴で、1000ccのモデルはレーサーベースの車両にもなっています。

このレーサーレプリカともいえるモデルをネイキッド化したものがGSX-S1000です。
スーパースポーツをネイキッドにしたモデルですが、ただ単にカウルを取っただけではなくストリートスポーツという新たなジャンルに適したバイクとなっています。
ライディングポジションがスーパースポーツのように前傾姿勢ではなく、快適な自然体であるため楽に乗れ、ハンドルの切れ角も大きいため取り回しもしやすくなっています。

フルカウルモデルのGSX-S1000F ABS

フルカウルモデルなのがGSX-S1000F ABSです。ネイキッドモデルに比べて車重が5kgほど重くなっているが、パワーがあるためそこまで重く感じることがないのが特徴です。
フルカウルモデルですとスーパースポーツのような、ライディングポジションや乗り心地をイメージする方も多いと思いますが、GSX-1000をもとにしているため快適な乗り心地となっています。

リッターバイクはその高い排気量から、高速道路などでの高速巡航に適しているのですが、このモデルはフルカウルのためさらに快適に運転が可能です。
カウルがあるのとないのでは、防風効果がことなり長時間運転するときに疲労にも影響を及ぼします。
ライディングポジションも絶妙であり、身体に負担がかからない自然なポジションであることもこのモデルが高速巡航に適している理由です。

GSX-S1000と共通した乗り味

このシリーズの乗り味の特徴として高いスポーツ性があります。
エンジン性能もそこに影響しており、低回転でのトルクが豊かなだけでなくピークまで上昇し続けます。
トルクがあることにより、ワイドレンジにミッションコントロールすることができ、自分が思った通りに攻めることが可能です。

エンジンも上質であり、回転のフィールも心地よいため運転していても楽しいバイクです。
フレームやバイクもこの高いレベルものが使われており、高い動力性能をしっかりとコントロールしています。
コーナーを攻めた時やスラロームした際に、高いハンドリング性能や路面との接地感を感じることができ、排気量が高いレベルにありがちなパワーを持て余してしまうということもありません。

ほかのフルカウルのスーパースポーツと比べても、高いスポーツ性と快適なライディングポジションを実現しているバイクであり、幅広い用途で楽しむことができるでしょう。