バイクを買取りするときバイクの状態を確認しよう

バイクの状態

確認しておきたいポイント

あなたが今まで乗っていたバイクを買取りに出したい場合、そのバイクの状態を確認しておくことが必要となります。

主に確認しておきたいのはキズの付き方や故障している箇所、カスタムした箇所などです。

買取りを申し込む時に、こうした点は正直に伝えておかなくてはなりません。
また型番や年式なども、きちんと確認しておきましょう。
正式な型番は車検証などを見れば、きちんと掲載されています。

それに同じ型番のバイクでも、年式が違うと買取価格が違ってきます。
バイクの色などによっても買取価格に差が出ることがありますから、色についてもきちんと把握しておきましょう。

もしオンライン査定などを利用して買取相場を調べたいなら、バイクのメーカー名や排気量、走行距離なども調べておいた方がいいと思います。

それにバイクの状態についても様々なものがあります。
たとえばキズがたくさんあるバイクを買取りに出したい場合はどうでしょうか?
もちろん、よくメンテナンスされた綺麗な状態のバイクの方が買取価格は高くなるのが当たり前です。

しかしキズが多いからといって買取りしてもらうのを諦めなくてもいいのです。
もし近くの販売店で買取りできないと言われてしまったバイクでも、全国的な規模の大きなバイク買取業者なら部品やパーツなどに値が付くこともあります。

状態が非常に悪いと買取りしてもらえないことも確かにありますが、よくわからないなら諦めずに無料の出張査定などを依頼してみるのもいいですね。

動かなくなったバイクを売りたい場合

或いは、もう動かなくなったバイクを売りたい場合もあるでしょう。
動かなくなったバイクでも、まだ諦めるのは早すぎます。
無料で出張査定してくれる買取店があれば、一応査定を依頼してみると、案外値が付くことがあるかもしれません。

それに事故車の場合も、できれば諦めずに一度無料の出張査定を依頼してみてください。
すぐに廃車にしてしまうとなると、時間や手間がどうしてもかかってしまいます。
スクラップするのにも、お金が必要なことが多いです。
それを専門に仕事をしているのでなければ、廃車の手続き方法などもよくわからないでしょう。
それなら、やはりバイクの買取業者に査定を依頼してみた方がいいかもしれません。

もし査定してもらって少しでもお金になるなら、それに越したことはありません。

とにかく買取業者にバイクを買ってもらえそうなら、しっかりバイクの状態を確認したり、売りたいバイクのキズなどの程度を調べておきましょう。