雨天走行の際の必需品

バイクのりが持っておきたい必須アイテム・・・レインウェア

バイクに乗る人はバイクに乗るときに便利なアイテム、また持っておくべき必須アイテムなどを利用されています。
ツーリングにしてもなんにしても、こうしたグッズがあることで快適に走ることが出来ますし、もっていないと困る・・ということも出てきます。

ツーリングの必須アイテムといえばレインウェアです。
自分ひとりで短い距離のツーリングということなら雨で中止ということも出来ますが、友達と一緒に行くツーリングで宿泊予定など決まっているという場合、雨天決行ということもあります。

バイクに乗るときには雨は交通事故の危険性も高くなるので避けたいものですが、雨でもツーリングなど予定をずらせないとき、またツーリング途中で雨になった場合でも、レインウェアがあれば安心です。

バイクのレインウェアは、ライダーのために数多くの工夫が凝らされています。
高速走行をしても水がしみこまないようになっている、また表面に強固な防水処理がされている、バイクに乗っていても動きを妨げないように立体裁断されているなど、かなり工夫されているのです。

想像以上に雨はライダーを攻撃する

雨は想像よりもずっとライダーの体を攻撃してきます。
普段、歩いているときに雨が降ってもそう感じないことなのですが、バイクに乗っているときには雨粒が思ったよりもずっと「痛く」感じるのです。

特にオープンフェイスヘルメットの場合、雨の量にもよりますが、非常に痛いと感じますので、途中運転を中止せざるを得ないということもあるくらいです。
そんなときに利用したいのが、古フェイス、ジェットタイプなどシールド付のヘルメットです。

雨が顔に当たるのを防いでくれるので、肌に痛いと感じることもありませんし、目をしっかりあけて運転することが出来ます。

また雨粒がシールドにたまって目が見えないということもあります。
こういうときには指先につけることの出来るバイク専用のワイパーが便利です。
装着していれば走行していてもはっきりとした視界を保てるのでお勧めです。

レインウェアは必須!ツーリングの際には特に持っておくべき

雨が降っているときに必須となるのがレインウェアです。
バイクのスピード、更に雨の勢いが強いとなるとかなりの水圧を感じます。
バイク専用のレインウェアは、ある程度の水圧に耐えられる構造になっていますし、縫い目についても水が浸入しないようにしてあります。

コンビニなどで販売されているレインウェアよりも、バイク専用のレインウェアを持っておくことをお勧めします。
一般的な雨具とはまったく違う高機能な工夫が施されているので、運転を阻害するということもなく快適なランディングを楽しむことが出来ます。