個人での取引について

取引
バイクの売買を個人で行ったことがあるという方も中にはいると思います。
特に、ツーリングサークルやレーシングチームに所属している場合、周囲にはバイクに乗っている方が殆どなので、話の流れでそうなってしまうこともあるでしょう。
しかし、バイクの個人売買については注意するべき点もあります。
ここでは、バイクの個人取引による注意すべき点などについてまとめています。

金銭的なトラブル

バイクの個人売買で最も多いのが金銭トラブルのようです。
お店で購入、もしくは売却した場合にはまず心配のないことですが、友人や知人だと、つい支払いを後回しでも良いと言ってしまったりすることがあります。

しっかりした相手なら何の問題もないのですが、人によってはバイクだけを手に入れ、お金をなかなか支払わないという人もいます。
また、個人での売買ではしっかりと契約書を交わしたりすることも少ないため、そのままだらだらと支払いを先延ばしされたり、拒否されることも珍しくありません。

こうしたことにならないように、バイクを売却する際には先に必ず支払いをしてもらうことや、もしくは一筆書いて貰うということを忘れてはいけません。
また、自分が友人や知人からバイクを購入する場合ですが、実はこの時にも注意点があります。

まず、購入するバイクに不具合がないかどうかをしっかりと確認しておきましょう。
購入した後から分かった場合、相手にして貰えなかったり、引き渡したあとに壊れたのではと言い逃れされてしまうことも起こる可能性もありますから、購入前にしっかりと確認しておきましょう。

名義変更の問題

個人売買で起こり易いトラブルはいくつもありますが、さきほど挙げた金銭の問題以外にも、名義変更の問題が挙げられます。

バイクというのは第三者に譲渡した場合、名義を変更する必要があります。
そうしないと、バイクを手放したにも関わらず、名義がずっと以前のままになっていますから、税金の支払い督促もこちらに来てしまいます。

こうしたことにならないよう、バイクを売却したらきちんと名義変更して貰うように言い含めておきましょう。
また、一緒に名義変更に行くというのも良い手段ですし、中古車ショップなどに依頼するのも良いでしょう。

名義を変更していないと税金などの問題だけでなく、仮に譲渡した相手が交通事故などを起こしたり、ひき逃げなどをした場合にも責任は車輛の名義人となってしまいます。
こうしたやっかいなトラブルに巻き込まれないためにも、名義変更は確実に済ませてもらわなければなりません。

バイクを譲渡したときには、しつこいくらい名義変更したかどうかを確認し、車検証や自賠責保険の証書などで、名義を確認するようにしなくてはなりません。