ヘルメットの紹介

バイク
バイク関連の用品には色々なものがありますが、バイクを購入して公道を走ろうとしたとき、まず絶対に必要となるのはヘルメットです。
ヘルメットはライダーの頭部を衝撃から守る非常に重要なアイテムであり、バイクで公道を走る際には着用が義務付けられています。
このバイク用のヘルメットにも様々な種類がありますから、ここでいくつかご紹介していきたいと思います。

ヘルメットの種類

バイク用のヘルメットと聞いて、最初に思い浮かぶのはやはりフルフェイスタイプのヘルメットではないでしょうか。
このヘルメットの特徴は、頭と顔全体をすっぽりと覆えてしまうことでしょう。

顔全体を守ることができるため安全性は最も高く、製品によってはレースで培ったノウハウが生かされているものもあります。
サーキット走行をするに必要な基準を満たしているものも多いため、高規格モデルが多いという特徴もあります。

ジェットタイプと呼ばれるヘルメットは、フルフェイスに似ていますが基本的に顔の部分が開いているため開放感があります。
シールドの付いているタイプもあれば、シールドのないタイプもあります。
安全性はフルフェイスには及ばないものの、ハーフタイプのヘルメットに比べれば高いと言えるでしょう。

ハーフタイプは顔を覆わず、頭部だけを守るようなスタイルのヘルメットです。
軽量なヘルメットが多く、比較的安価で手に入る品が多いという特徴があります。
しかし、事故の際には最も負傷する確率も高く、当然サーキット走行などの際には使用することはできません。

オフロードタイプはオフロード走行に特化したヘルメットで、シールドがないため公道での使用には向いていません。

ヘルメットの選び方

ヘルメットの選び方ですが、まず第一にはバイクでの用途を明確にすることです。
峠のワインディングやサーキット走行をしたいという方がハーフタイプのヘルメットではいけませんし、クルーザータイプのバイクでツーリングしたいという方がオフロードタイプのヘルメットは滑稽過ぎます。

自分の乗っているバイクと用途に合ったヘルメットを選ぶ、ということが最も重要ではないでしょうか。
そのために、まずは自分がバイクで何をしたいのか、ということを考えてみましょう。
もちろん、普段の街乗りにはハーフタイプを使用し、ワインディングやサーキット走行のみフルフェイスを使用するというのもありです。

ヘルメットを選ぶには、安全規格にも気を付ける必要があります。
SGマークやJISマークが付いていることをしっかりと確認するようにしましょう。
特に、SGマークが付いていないヘルメットは公道で使用してはいけないという決まりがありますから、このSGマークがあるかないかはまず最初に確認する必要があります。