ドライブレコーダーを取り付ける

ドライブレコーダーを取り付けたい

車にドライブレコーダーをつける人が多くなり、動画サイトなどでもドライブレコーダーの映像などよく見ることができるようになっています。
このドライブレコーダーの装着は、安全、事故などのときの備えとして装着するものだったのですが、旅を記録するということも出来るので、ライダーにも人気なのです。

一人旅でもドライブレコーダーがあれば風景など映像として残すことが出来ます。
バイクで転倒したというときのシチュエーションなどもわかりますし、装備されていれば色々なことに役立つと考えられます。

ドライブレコーダーの本来の目的と重要性

ドライブレコーダーは万が一事故にあった場合、事故を起こした場合にその映像が記録されていれば、証拠として残すことが出来るということで誕生したもので、保険などで事故の際に交渉等行うという場合にも大きく役立ちます。

ドライブレコーダーの事故映像が刑事裁判に証拠として登場し、採用されたということもあります。
ついていたことで自分を保護してくれることとなったという人も、これから増えていくのではないかと思います。

こうしたドライブレコーダーの目的、重要性は多くの方が知るところとなっていますが、実際にドライブレコーダーがこれほど普及しているという現実には、走りの記録、移動で起きたことの記録にてついてこのレコーダーを利用する方が多いということもあります。

運転中にこれは記録しておくべき!と思う映像があったとき、即、レコーダーを利用することが出来ますし、これをSNSにアップして多くの方と共有するということも出来ます。

バイク用ドライブレコーダーの特徴

バイク用のドライブレコーダーは、自動車のドライブレコーダーとは違い、防水、防塵機能が高いという特徴があります。
またバイクは四輪と違い、直接外気の中で利用するものとなるので、耐久性が高くなっています。

GPS内臓のものや、フルHDのものなど、様々な種類があります。
解像度やセンサーの大きさによって画質が大きく左右されますが、出来れば、暗いところ、光が強いというところでも、前方車両のナンバープレートがはっきり見えるというくらいの能力がほしいです。

ドライブレコーダー装着時の注意点

装着位置についてはタイプによって違いがあるのですが、ハンドルの周囲に取付用マウントによって装着します。
現代、カメラはどんどん小型化されているので、ハンドル周囲をすっきりしたいということなら、カメラと本体がセパレートものがいいでしょう。

バッテリーから電源を取るという場合、電気系のパーツ取付経験があると自分で取り付けることも出来ます。
アクションカムタイプのカメラをドライブレコーダーとして利用するということも出来ます。

最近は高性能なモノも多くなっていて、取付に時間がかかるということもあるので、こうした装着を行ったことがない、という方はプロにしてもらうほうが安心かもしれません。