バイクのファッションについて

バイク
バイクはファッションの一部、というような言葉をどこかで耳にしたことがありますが、正にその通りだと言えるでしょう。
バイクというのはファッションの一部にもなりますし、ライダー自身がそのファッションの一部となることもあります。
バイクに乗るにはそれに相応しい恰好をする、というのは当然のことですが、バイクを楽しむということを考えた場合、バイクに合わせたファッションを極めるというのも重要なことではないでしょうか。

バイクに合わせたファッション

例えば、ハーレーダビッドソンのバイクに乗っている場合、まさかレーシングスーツに身を包んでいる方はいませんよね。
極端な話をすればこういうことです。

そのバイクに最も合った格好をするべき、というのがバイク乗りとしては当然のことではないでしょうか。
ハーレーダビッドソンのような風格あるクルーザーバイクに乗る場合、革のジャケットに革パンツ、エンジニアブーツというスタイルが最もしっくり来る気がします。

レーサーレプリカやスポーツバイクに乗る場合、本格的に攻めるときはレーシングスーツが良いですが、それ以外のシーンではややスポーティな恰好が良いでしょう。
上下揃いのウインドブレーカーなどでも格好良いかもしれませんね。

また、カジュアルな服装でも意外にバイクとマッチすることもありますから、結局は色々なファッションを試してみることが先決でしょう。
クルーザータイプのバイクにジーンズ、ダウンジャケットというのも似合いますし、必ずしも革で身を包まなくてはならないわけではありません。

よほどミスマッチにならなければ、色々なファッションを楽しんでみるのも良いでしょう。

シーンに応じて決める

前述したように、バイクに乗るにはそれに相応しい恰好をする必要があります。
長距離のロングツーリングなどをする場合には適切なライディングジャケットにパンツ、グローブも必要となります。

しかし、バイクに乗るシーンというのは実に様々なことが考えられます。
スポーツバイクに乗っているからといつも走りに行くわけではなく、ちょっとした買い物に出かけたり、恋人とデートに出かけることもあるでしょう。

恋人とデートに出かけるというのに、レーシングスーツに身を包んで待ち合わせ場所に行くような人はいませんよね。
つまり、シーンに応じて使い分ける必要があるということです。

それでも、やはりバイクに乗る恰好というのは他者からも丸見えですから、ある程度は気を付ける必要があります。
指を差されて笑われないように、ミスマッチな組み合わせにならないように気を付けましょう。

バイクというのは最初に言ったようにファッションの一部であり、ライダー自身もそのファッションの一部です。
格好よくバイクを乗りこなすためには、服装も格好よく着こなせるようになりましょう。