盗難防止アイテムで愛車を守る

バイクの盗難がかなり多くなっている現代

バイクの盗難事件が国内で非常に多くなっています。
愛車がいきなりなくなっている・・・こんなこと、想像すらしたくないことですが、実際に朝起きたらバイクがなくなっていた、食事をしていたらバイクがなくなった・・といった事件が多発しているのです。

一時期と比較してライダーが盗難ということを意識し始めたことで盗難件数が減少傾向にあるといわれていますが、まだまだ多くの盗難事件があるという状態です。
その盗難手口は年々巧妙になっていて、確実に万全を期した盗難防止策を施す必要があります。

大切な愛車を盗難から守るためにも、自分でバイクの盗難を予防する策を考えておく必要があります。

盗難防止のベーシックアイテムとは?

携帯性、防御力のバランスがいいとされている小型U字ロックは携帯性、防御性共に優れたバランスのいい盗難防止アイテムです。
U型のロック部分をホイルに通すことでホイルが周らないようにロックできます。

ワイヤーのロックは長くしなやかなワイヤーを利用し、バイクと固定されているものを強固に連結するというものです。
長いワイヤーが多いのですが、柔らかいのでまとめやすく、携帯しやすいグッズです。

強固に守りたい、携帯性を重視したいという場合

強固にバイクを守りたいという場合、バイクと固定物をしっかりと結び付けてくれる重量のあるチェーンロックがお勧めです。
非常に盗難防止効果がたかく、切断などに関しても耐久性があるので、切断するまでに時間がかかり盗難を防止してくれます。

この従量のあるチェーンロックは携帯性はひくくなるので、自宅でバイクを停車させるときなどに利用されるといいでしょう。

携帯性を重視したい、どこかに停車する機会が多いという場合には、バイクのブレーキディスクに装着できるホイルロックがいいと思います。
軽量でコンパクトに収納できるタイプが多く、強固にする場合にほかのロックグッズと一緒に利用できるという特徴もあります。

警報を利用して愛車をしっかりガードできるグッズ

バイクに振動があったり、傾きを感じるとセンサーが感知し、異常発生となると大音量のアラームがなり、不審者を威嚇してくれるというアイテムです。
最近はこうした操作ができる警報、センサー付のグッズがリモコン操作できるようになっており、バイクに異常があった場合、知らせてくれるというシステムのグッズもあります。

バイクごと盗まれるということにくわえて、バイクパーツを盗むという犯罪も多いので、特殊工具を使わないとはずすことが出来ない盗難防止ロックを利用するというのも一つの手です。

マフラー、サスペンションなどの高価なパーツが盗難被害にあっているので、こうした場所に特殊工具が必要な盗難防止ロックを施しておくといいでしょう。