北海道ツーリングのススメ

北海道の魅力

北海道ツーリングの魅力は、何と言っても道が広く長いことです。
美しい自然の中で、開放感に満たされながらツーリングを楽しむことが出来ます。

北海道在住でないライダーの方が、この文章を読んで、北海道ツーリングに興味を持っていただければ幸いです。
このページでは、北海道ツーリングの魅力をご紹介していきたいと思います。

北海道では、ライダー同士がすれ違った際に手で合図したり、ピースサイン等をおこなって挨拶したりするルールが定着しています。
このようなコミュニケーションも北海道ツーリングの楽しみの一つと言えます。

北海道ツーリングに行った方の感想で、「良かった」という人はいても、「残念だった」という人は、ほぼいないと言っても過言ではありません。
注意点として、北海道は土地の広さに対してガソリンスタンドが少ないので、ツーリングをする際には早目の給油を心がけるという点が挙げられます。

北海道へのルート

北海道在住の人以外は、北海道ツーリングをするためにはフェリーで行くか、バイクを陸送する、飛行機での空輸という方法があります。
一番メジャーなフェリーで行くための費用はどこを発着点とするかによって違いますが、約一週間で約5万円~10万円といったところが相場です。

自分のバイクでツーリングを楽しむ以外では、レンタルしたバイクに乗ってツーリングを楽しむという手段があります。
ただし、レンタルしてバイクツーリングすることには、メリットになる点もあれば、デメリットとなる面もあります。

メリットとしては、バイクを運ぶ手間がかからないことと、整備してあるレンタルバイクには故障の心配がほとんどないということです。
デメリットとしては、慣れていないバイクを運転することになるという点があります。
運転に自信のない人は、慣れている自分のバイクの方が望ましいといえます。

おすすめスポット

道北で、まず外すことの出来ないスポットとして日本海オロロンラインがあります。
小樽市~稚内市間の、日本海沿いの道で、道道106号線では、晴れた日には利尻島を見ることが出来ます。
走っている途中で、たくさんの巨大な風車を見ることも出来ます。

道東では、国道238号線(オホーツクライン)がお勧めです。
稚内市~網走間の、約200km国道238号線です。
網走の西、サロマ湖を通ります。
鹿が道路に飛び出してくることがありますので慎重に運転しましょう。

道央では、何といっても襟裳岬でしょう。
北海道南部・日高山脈最南端の岬です。
国道336号線から道道34号線と走ると、到着します。

道南では、神威岬(かむいみさき)がお勧めです。
積丹(しゃこたん)ブルーと呼ばれる海の青さは、道内でもトップクラスの美しさを誇ります。
積丹と言えばウニが有名で、神威岬の駐車場手前には美味しいウニ丼の店があります。