ハーレーダビッドソン

ハーレーダビッドソンの歴史

その独特のVツインサウンドと乗り味から、世界中のバイクファンから愛されて「キング・オブ・モーターサイクル」の称号を轟かせている、ハーレーダビッドソン。
映画「イージーライダー」でも「アメリカの自由」を象徴する存在で登場し、バイクを知らない人でも「ハーレー」の名は知っているほど有名なバイクですね。

ハーレーダビッドソンは1903年、アメリカのウィスコンシン州、ミルウォーキーで、ウィリアム・S・ハーレーとアーサー・ダビッドソンによって、自転車用バイクエンジンが開発されたことから始まりました。

更にアーサーの兄、ウォルター・ダビッドソンが加わり、単気筒409ccエンジン、3馬力のハーレーダビッドソン第1号車が誕生しました。
1907年には株式会社ハーレーダビッドソンが創設され、モーターサイクルカンパニーとして本格的に活動し、1909年にはハーレーの代名詞、Vツインエンジンのモデルが完成します。

1911年に1000㏄エンジンの開発に成功すると、1936年にはオーバーヘッドバルブを搭載したナックルヘッド、1948年に放熱性とメンテナンス性を改良したパンヘッドと、次々とエンジンに改良を加え、評価を一気に上げて行きました。

1957年には、当時のアメリカを席巻していた英国車に対抗する為に開発された高性能エンジン、ショベルヘッドが登場しますが、その後の業績悪化から、一時AMF(機械メーカー)の傘下に入りました。
復活後も、「エボリューション」、「ツインカム88」等の革新的エンジンを開発していきます。

ハーレーの魅力

ハーレーの大きな魅力の一つに挙げられるのが、大排気量Vツインエンジンから繰り出される、排気音と鼓動感でしょう。
そのVツインサウンドはハーレー独特で、45度狭角Vツインエンジンの点火タイミングは不等間隔爆発を起こし、まるで心臓の鼓動の様な排気音を奏でていきます。

エンジン形式はVツインのみなので種類は限られていますが、車体を上手くアレンジして、スポーツ系からツアラー、ストリート系等々、様々なラインナップを誇っています。

また、車体構成も日本のバイクと違って非常にシンプルな作りになっている為、ドレスアップやカスタムもしやすく、多くのカスタムショップがハーレーのデザインアレンジを競っている事も、魅力の一つですね。

ハーレーの人気モデル

ハーレーの人気モデルの代表と言えば、スポーツスターXL883&1200でしょう。
このモデルは50年以上もの歴史を誇り、サーキットで勝てるバイクとして、高い運動性と旋回能力がアピールポイントとなっています。

そのシンプルなデザインからカスタムベースとして購入する人が多く、往年の名車XLCRをイメージしてカフェレーサー風にカスタムする人が後を絶ちません。
値段も、高価格の多いハーレーの中では、非常にお手頃価格で人気の高いモデルとなっています。

また、ソフテイル系のファットボーイも人気が高く、映画「ターミネーター2」でシュワルツェネッガーが乗り廻してからは、一躍人気が大ブレイクしました。
車体の下部にリアサスペンションを配しての乗り心地の良いバイクなので、長距離ツーリングにもうってつけです。

「ハーレーと言えばこれ!」と言えるのは、フラッグシップモデルのFLHTK TC ウルトラリミテッドでしょう。
50代以上のお父さん世代に人気があり、その押しの効いたデザインが憧れの的になっている様です。

その他にもローライダーや、水冷DOHCエンジンのVロッドも人気が高く、ハーレーダビッドソンのカタログを見始めると、夜が明けるのも気が付かないぐらいに目移りしてしまうでしょうね。